自担はいつでもプリンシパル

大好きな人を追いかける日々をフワフワと。

絶対、絶対に幸せになってね、火賀くん。

 

 

 

報われない恋を演じさせたら、世界一なんじゃないかと思う重岡大毅が演じた火賀俊平。

 

宇宙を駆けるよだかを見て、私は心の底から思った。

『火賀くんには絶対に幸せになって欲しい。』

だって火賀くんは優しすぎるんだ。

真っ直ぐすぎるんだ。

好きな子のためなら自分を犠牲に出来てしまうんだ。

自分の感情を押し殺してまで好きな子の幸せを願えてしまう人なんだ。

 

火賀くんから出てくる言葉と行動は、ちょっとぶっきらぼうだけど、あったかくて、一生懸命。

そして、1番人間味がある。

「あわよくば、、、」そんな期待を持っていたんじゃないかと感じる部分もあった。

奪えるもんなら奪いたかったよ

この台詞にその思いが込められてると思う。

それでも好きな子のためなら身を引けるんだ。火賀くんは。

感情の動きが1番大きかったのも火賀くんで、だから視聴者は彼の魅力に惹かれ、彼を応援したくなり、彼に報われて欲しいと思うんだと私は思う。

 

火賀くんの魅力がたっぷり詰まっているのは、やっぱり最終話かと。

手首を掴んでるだけなのに「手ぇ繋いじゃってるしな!ラッキー!」って言う火賀くんも、「あゆみの周りにいた全員分愛したる」って告白する火賀くんも、全部全部魅力的だけど、あゆみちゃんをしろちゃんの元に送り出してあげる最終話は何回見ても涙出る。

 

「もう何も知らなかった頃には戻れない」って言うあゆみちゃんを見て、半ば無理やり肩を抱いて同じ傘に入って二人で話しに行く時の火賀くんの背中。

火賀くんの覚悟を感じた気がしてこれから、火賀くんがどんな選択をするのか想像はできた。でもやっぱり想像出来ていても、火賀くんが身を引くって結末が想像出来ていてもあれは切なかった。

 

私は「あゆみのことは友達として好きっていう意味やあれは」って誤魔化すと思ってた。

でも火賀くんは違った。

最後まであゆみちゃんに自分の気持ちを真っ直ぐに伝えたんだ。

「奪えるもんなら奪いたかったよ」

って。はぁ〜〜〜泣ける。本当に泣ける。切ない。

 

そして、火賀くんの凄いところは、自分の気持ちも伝えたうえで、あゆみちゃんの本当の気持ちに気づかせてあげるところ。

「お前が本当に恋してるのは誰や」

ってそんなの自分が傷つくだけじゃん、、、。

さらには 「あいつの圧勝や」とまで付け加えちゃうから本当に見ているこっちが辛すぎる。

超当て馬じゃんか!!!ちょっとは火賀くん報われてよ!って思う。

きっと変に誤魔化したらあゆみちゃんは気を使ってしろちゃんの元に戻れないからって考えて、火賀くんはこんなことまで言ったんだろうな。

 

火賀くんが唯一泣く最終話。

あの泣くのを堪えているような、泣き笑いしてるような表情は重岡くんだからこそできる表情だと思う。

 

海根さんにバレッタを付けてあげるシーンを見て『もしかして海根さんと、、、?』って一瞬思ったけど、海根さんを教室に送り出したあとの表情を見て、やっぱり火賀くんはあゆみちゃんなんだろうなって思いました。

あゆみちゃんが中に入ってる時の海根さんを見る顔と、元に戻った海根さんを見る顔は当たり前かもしれないけど全然違ってた。

 

そして、溢れた涙をゴシゴシっと乱暴に拭いていつもの様に教室に入っていく火賀くん。

こっちは涙止まんねぇよ!!!

 

あの後あゆみちゃんとしろちゃんが教室に入ってきたら火賀くんはどうするんだろう。

きっと火賀くんならみんなと一緒に冷やかしながらも、あゆみちゃんの方を見てまたあの泣き笑いみたいな顔をして頷いてあげるんだろうな。

それで、みんなにバレないように教室から出て屋上で泣くんだよ。

『ほんまに好きやったなぁ』って。

きっと。火賀くんはきっとそうだと思ってる。

 

火賀くんの未来は絶対に幸せで溢れてるはず。

絶対、絶対に。

 

 

 

 

オセロー。

 

 

神ちゃん。

オセロー25日間おつかれさまでした。

 

わたしは9月7日の昼公演に観に行きました。

FC枠では落選したので、3階席から観劇したのですが、3階にいても伝わる神ちゃんの演技。

イアーゴーから発せられる圧がすごくて、終始圧倒され、鳥肌がたっていました。

 

観劇前は、『神ちゃんの舞台楽しみ!』くらいの気持ちだったのですが、観劇後は人間の黒い部分、あまり人に見せないような部分についてとても考えさせられました。

 

少し黒い感情が湧き上がっただけで、一気にそれが増大して自分の人生どころか人の人生まで変えてしまうことがあるんだと思うと恐ろしい。

そんな役を約1ヶ月間休みなく、ほかのお仕事もしながら演じ続けた神ちゃんは本当にすごい。

個人的には、神ちゃんの後ろに赤い月が浮かび上がるシーンがとっても好きです。

赤くギラギラとした不気味な月がイアーゴーの感情を表してるのかなぁなんて思いながら見ていました。

 

そして、ファンには想像も出来ないくらいの大変な思いをしたのに、またシェイクスピアの作品に出たい、成長を認めてもらいたいって次の目標夢に向かって走り出してる。

神ちゃんかっこいいよ( ; ; )

すごいよ( ; ; )

 

辛かったこともファンに隠さず話してくれるのって本当に嬉しいなって思いました。

もちろん影での努力を言わないのもかっこいいけど、どれだけ頑張ったのかってファンも分かりたいし、せっかく頑張ったんだったら褒めてあげたい!!!

全部全部、ファンの自己満であることは分かってるけど、大好きな人が努力して作り上げてくれた舞台を観せてもらったら少しでも何か恩返しがしたい。

SNSで舞台についてつぶやくのも、もしかしたら誰かの目に止まってファンじゃなくても興味を持って観に来てくれるかもしれない、そのままファンになってくれるかもしれない、そう思いながら私はSNS関連を使っています。

なんて言ったって、自慢のグループだから!

私が好きなグループってこんなに素敵なんだよ!かっこいいんだよ!頑張ってるんだよ!って言いたい。

今回の神ちゃんの舞台を観てそんなことを思いました。

 

ぶ誌もとっても感動して、泣いてしまうんじゃないかと思いました。

千秋楽後すぐに書いてくれたっていうのもとっても嬉しかった( ; ; )

神ちゃん担さんたちは本当に、神ちゃんに愛されてるし幸せだろうなと思いながらぶ誌を読みました。

 

とにかく!神ちゃんお疲れ様でした!

素敵な舞台に出会わせてくれてありがとうございました😌💚

 

f:id:Run_0730:20181001205508j:image

 

アイドルって儚い。

 

 

いつも通り夜更かししながら、塗ったばかりのネイルを乾かしながら、ふとTwitterを開いたら飛び込んできたニュース。

 

タッキー&翼  解散

 

え、なんで?なんで?って頭が真っ白になりました。

 

今年の舞台で、翼くんの代役を務めた照史くん。

そして、今も公演中の神ちゃん。

2人は今回の事をどう受け止めたんだろうか、、、。

きっと神ちゃんは明日も何も無かったようにイアーゴーを演じるんだろうな、、、そんな事を考え始めてしまったら案の定寝られなくなってしまったので、思ってることぶわーっとします。

 

 

今回 発表されたのは、

『解散しました』

というもうファンにはどうしようもないところまで行ってしまった事で。

SMAPの時のように、CDを買って解散反対の意志を見せることも出来ず、ただただ受け止めるしかない状況で。

ファンの方気持ちを考えると、辛くて辛くて仕方が無いだろうなって。

去年、活動休止になって、いつ活動再開されるんだろうって、翼くんが元気になってタッキーと2人でステージに戻ってくる姿はいつ見れるんだろうって、ずっとずっと楽しみに、今か今かと待っていたと思うんです。

なのに、飛び込んできたのは解散しましたってそんなの悲しすぎる寂しすぎる突然すぎる、、、。

 

もちろん、翼くんにはプレッシャーも、負担も感じることなく療養して欲しいと思います。

それには解散、事務所退所という道もあったとは思います。

でも、ファンは最後に翼くんが舞台に立つ姿も見ることなく、終わってしまうのはあまりにも寂しすぎて( ; ; )

 

そして、タッキー。

表舞台から去るという決断。

タッキーの笑顔は本当に、キラキラしていて見る度に元気を貰えてました。

アイドルってこういうことなんだなって思わせてくれた人。

そんな人がステージの上で輝く姿が見られなくなるのは本当にもったいない、、、。

でもJr.時代のことも、デビューしてからの苦労、活動休止、そして解散。

全てを知ったからこそ、経験したからこそできる、タッキーならではの新しいジャニーズができることを期待しています。

 

 

今年は本当に、当たり前のことが当たり前じゃないという事を痛感させられました。

自然災害も多く、すばるくんの脱退から、タキツバの解散、TOKIOの問題だってあった、、、

大好きな人を無条件に応援できる事の幸せさが改めて分かりました。

 

やっぱり、応援できる時に出来ることは全てやっておきたいし、見られる時にどんな瞬間でも目に焼き付けておきたい。

彼らがアイドルとして、生きてる "今" を感じたいんです。

終わりなんて絶対に来て欲しくないけど、人生何があるかなんて誰にもわからない。

いつか終わりが来てしまったとしても、絶対に後悔せず、笑顔で『ありがとう』と、『さよなら』が言えるように。

これだけ色々あると、絶対に想像したくない "終わり" については考えさせられます。

 

アイドルって意外と儚いものなんだなって思わされた、残酷だった平成最後の年。

来年はみんなみんな、幸せでいっぱいでありますように。

 

夏の終わり。

 

 

2018年。

平成最後の夏が終わりました。

今年も7月1日の神ちゃんの誕生日から夏が始まり8月31日の照史くんの誕生日で締めくくられた夏。

 

 

今年の夏こそ!平成最後の夏こそ!彼らと過ごしたいと願い続けた夢は結局叶わず終わってしまいました。寂しい。

ジャニーズ1夏が似合うグループだと私は思うのですがなかなか夏の現場が来ない( ; ; )

 

真冬の横アリでまだまだ来ない夏に向かって

覚悟しろよSUMMER

って歌うのも楽しいけど、やっぱり真夏に野外で

俺ら Summer Dreamer

って歌いたい。

あんなに夏の歌あるんだから、余裕で夏のライブは作れると思うんだけどな、、、

 

でも来年は5周年!!!!!

絶対なんかあるはず!!!!

アリーナもドームもいいけど、ジャニーズWESTは野外ライブが似合うと思うな〜!

それでみんなに水ぶっかけまくるんでしょ!

ジャス民『きゃ〜』っていいながらも、すっごい楽しいんでしょ?!

最後は花火でも打ち上げちゃう?!

KIZUNAでも歌われながら見る花火は最高だろうな、、、

 

とにかく来年はジャス民に夏をください(必死)

 

おめでとう、おめでとう。

 

 

 

小瀧くん、入所10年&22歳のお誕生日おめでとうございました!

(遅い)

 

ちょうどテスト中だった小瀧くんのお誕生日。

ブログ書きたかったのに書けなくて、今更って感じですけどつらつらと書いてみました。

 

 

小瀧くんのお誕生日お祝いするのは今年でもう何回目になるんだろう、、、

毎年毎年、こうやってお祝いできてとっても嬉しいです。

 

小瀧くんを初めて知ったのは、デビュー直前のキスマイを好きになって雑誌を買い始めた頃です。

今日がちょうどキスマイのデビュー7周年だから、7年前に小瀧くんに出会いました。(15歳になりたてくらい?)

雑誌に載ってる小瀧くんはまだまだ初々しかったあのころ。(笑)

初めは「かっこいい!!のんちゃんイケメン!!!」みたいなノリで、Jrの中では1番推せるくらいにしか思ってませんでした。

でも彼はどんどん成長して行って、どんどん大人になって、どんどん魅力的になって。

気がついたら大好きになっていました。

 

正直『小瀧担』って言ったら顔ファンて思われがちだったり、見た目が好きって思われることもあると思うけど、私は小瀧くんの中身が本当に大好き。

 

最初は見てられないなぁと思ってた演技もいつの間にか上手くなってた。

手抜きって言われてたダンスも、今では全然手抜きになんて見えない。

雑誌の専属モデルにもなった。

主演で映画もやった。

コンサートではセトリを作るのだって任されるようになって。

 

この数年で小瀧くんてありえないくらい成長してる。

正直言うと、SNSでのトラブルも多かったし、そのうち週刊誌にでもなんか書かれてしまうんじゃないかと心配することもあったけど、そんな心配はどうでも良くなるくらい小瀧くんは、結果と行動で示してくれました。

 

かっこいい。

本当に彼はかっこいい。

 

芸能界という不安定な世界でも、堂々とキラキラしてる小瀧くんが、世界一かっこいいって私は思ってます。

アイドルの道を選んでくれてよかった。

 

ステージの上に立つ小瀧くん。

テレビの中の小瀧くん。

雑誌の中の小瀧くん。

どれも見る度に手が届かない距離にいると感じるけど、きっとこの絶妙な距離で勝手に応援させてもらって、勝手に好きでいるのが1番楽しいんじゃないかなって思ってます。

これからもずっと、このまま応援させてください。

 

ジャニーズになって11年目も、大好きなお兄ちゃん達と一緒に、てっぺん目指して駆け上がってほしい。

今の小瀧くんなら絶対出来るって信じてます。

 

 

22歳の小瀧くんにたくさん幸せが訪れますように!

ダイスキ!♡♡♡

 

 

f:id:Run_0730:20180810011647j:image

 

 

"今"という時間を大事に。

 

 

ジャニーズWESTの大先輩が、

アイドルという道から、違う道へ進むことになりました。

 

私は関ジャニ∞のFCに入っているわけでもなく、eighterと名乗る資格は全くないのですが、ずっと関西を応援してきただけあって関ジャニ∞の存在はとても大きなものだと思っています。

 

ジャニーズWESTのメンバーから、関ジャニ∞のメンバーとのエピソードを聞くことも多かったし、たくさんの番組で共演させてもらってました。

きっと他のジャニーズの方よりは、可愛がってもらっていただろうし、、、

そんな事もあってか、今回のことはとても他人事には思えませんでした。

 

彼らがずっとアイドルでいてくれるとは限らない。

今回改めて思ったことです。

私は望くんも、ジャニーズWEST全員がアイドルという職業に向いていると思うし、アイドルの彼らが大好きです。

でも7人がアイドルでいてくれるのは当たり前のことではなくて。

『もしかしたら、、、』

『最悪の場合は、、、』

なんてこと考えたくないけど、いつかそんな日がきてしまったとしても、私はその時に後悔しながら見送りたくないなって思いました。

もちろん、見送りなんてしたくないけど。

ただ、後悔だけはしたくない。

だから、応援できる今のうちに精一杯、私にできる限りのことをしたいなって思ってます。

もしかしたら、自分がオタ卒するかもしれないって可能性もあると思ってますし。

その時にも、『もう十分すぎるくらい応援できた!燃え尽きた!』って清々しい気持ちで終わりにしたいなって。

今は全くオタ卒する未来は見えていませんが。

 

彼らにも後悔はして欲しくないし、私もしたくない。

今を大事に、大事に生きて欲しいし、私もそうやって生きたい。

未来がどうなるかなんて、誰にも分からないのだから"今"を後悔のないように。

 

4周年。

 

 

やっと4周年。

あっという間の4周年。

 

2018年4月23日。

ジャニーズWESTが4歳になりました。

 

f:id:Run_0730:20180422224847j:image

こんなに初々しくて、フレッシュだった7人が今では

f:id:Run_0730:20180422225011j:image

こんなに落ち着いて(?)かっこよくなりました。

 

見た目は本当にみんな変わって、垢抜けてかっこよくなってるけど、中身はいい意味で本当に変わってなくて安心します。

 

たくさん苦しい思いもして、やっと掴んだデビュー。

デビューから4年たった今でも

"7人全員で"

という言葉をメンバーが言ってくれると、私自身もデビュー当時を思い出して、初心にかえることができます。

 

『関西ジャニーズJr』

そんな小さな世界の中で活動してた7人が、デビューして不安定で大きな世界に飛び込んでいきました。

「売れてほしい」「もっと活躍してほしい」

「でも遠い存在になるのは嫌だ」

そんな矛盾した気持ちを抱えながら彼らを5年近く見てきました。

7人それぞれが個人でもお仕事を貰えるようになって、もちろんグループとしてもドーム公演を成功させて。

アリーナツアーも公演数がどんどん増えて。

目まぐるしいほどの活躍を見て、たくさんのパワーを貰いました。

だから、もう「遠い存在になるのは嫌だ」なんて言わない。

 

どんどん活躍してほしい!

どんどん大きなグループになってほしい!

 

だって、付いて行くのがしんどくなったら、彼らは手を取りに来てくれるから。

24魂での淳太くんの言葉を信じます。

 

こんなの自己満でしかないけど、彼らからパワーを貰ったら自分自身が精一杯頑張って、努力する事が7人への恩返しになると思ってます。

だから、メンバーが頑張ってる姿を見て私もがむしゃらに、ジャニーズWESTみたいに、私に出来る全てのことをやりきることにしました。

小瀧くんを応援し始めて6年目の今年の目標はこれです。

 

ジャニーズWEST

世界で1番かっこいい7人だから!

世界で1番大好きな7人だから!

最強の7人組だから!

これからもずっとずっと応援させてください!

4周年おめでとう!!!