自担はいつでもプリンシパル

大好きな人を追いかける日々をフワフワと。

"今"という時間を大事に。

 

 

ジャニーズWESTの大先輩が、

アイドルという道から、違う道へ進むことになりました。

 

私は関ジャニ∞のFCに入っているわけでもなく、eighterと名乗る資格は全くないのですが、ずっと関西を応援してきただけあって関ジャニ∞の存在はとても大きなものだと思っています。

 

ジャニーズWESTのメンバーから、関ジャニ∞のメンバーとのエピソードを聞くことも多かったし、たくさんの番組で共演させてもらってました。

きっと他のジャニーズの方よりは、可愛がってもらっていただろうし、、、

そんな事もあってか、今回のことはとても他人事には思えませんでした。

 

彼らがずっとアイドルでいてくれるとは限らない。

今回改めて思ったことです。

私は望くんも、ジャニーズWEST全員がアイドルという職業に向いていると思うし、アイドルの彼らが大好きです。

でも7人がアイドルでいてくれるのは当たり前のことではなくて。

『もしかしたら、、、』

『最悪の場合は、、、』

なんてこと考えたくないけど、いつかそんな日がきてしまったとしても、私はその時に後悔しながら見送りたくないなって思いました。

もちろん、見送りなんてしたくないけど。

ただ、後悔だけはしたくない。

だから、応援できる今のうちに精一杯、私にできる限りのことをしたいなって思ってます。

もしかしたら、自分がオタ卒するかもしれないって可能性もあると思ってますし。

その時にも、『もう十分すぎるくらい応援できた!燃え尽きた!』って清々しい気持ちで終わりにしたいなって。

今は全くオタ卒する未来は見えていませんが。

 

彼らにも後悔はして欲しくないし、私もしたくない。

今を大事に、大事に生きて欲しいし、私もそうやって生きたい。

未来がどうなるかなんて、誰にも分からないのだから"今"を後悔のないように。

 

4周年。

 

 

やっと4周年。

あっという間の4周年。

 

2018年4月23日。

ジャニーズWESTが4歳になりました。

 

f:id:Run_0730:20180422224847j:image

こんなに初々しくて、フレッシュだった7人が今では

f:id:Run_0730:20180422225011j:image

こんなに落ち着いて(?)かっこよくなりました。

 

見た目は本当にみんな変わって、垢抜けてかっこよくなってるけど、中身はいい意味で本当に変わってなくて安心します。

 

たくさん苦しい思いもして、やっと掴んだデビュー。

デビューから4年たった今でも

"7人全員で"

という言葉をメンバーが言ってくれると、私自身もデビュー当時を思い出して、初心にかえることができます。

 

『関西ジャニーズJr』

そんな小さな世界の中で活動してた7人が、デビューして不安定で大きな世界に飛び込んでいきました。

「売れてほしい」「もっと活躍してほしい」

「でも遠い存在になるのは嫌だ」

そんな矛盾した気持ちを抱えながら彼らを5年近く見てきました。

7人それぞれが個人でもお仕事を貰えるようになって、もちろんグループとしてもドーム公演を成功させて。

アリーナツアーも公演数がどんどん増えて。

目まぐるしいほどの活躍を見て、たくさんのパワーを貰いました。

だから、もう「遠い存在になるのは嫌だ」なんて言わない。

 

どんどん活躍してほしい!

どんどん大きなグループになってほしい!

 

だって、付いて行くのがしんどくなったら、彼らは手を取りに来てくれるから。

24魂での淳太くんの言葉を信じます。

 

こんなの自己満でしかないけど、彼らからパワーを貰ったら自分自身が精一杯頑張って、努力する事が7人への恩返しになると思ってます。

だから、メンバーが頑張ってる姿を見て私もがむしゃらに、ジャニーズWESTみたいに、私に出来る全てのことをやりきることにしました。

小瀧くんを応援し始めて6年目の今年の目標はこれです。

 

ジャニーズWEST

世界で1番かっこいい7人だから!

世界で1番大好きな7人だから!

最強の7人組だから!

これからもずっとずっと応援させてください!

4周年おめでとう!!!

 

 

 

呼び方。

 

 

このブログを読んでくれてる方は、自分の推し、好きな人、応援してる人の事をなんて呼んでいるのでしょうか。

 

私は今現在は、『望くん』って呼ばせて貰っていますが、ここに行き着くまでには色々な呼び方がありました。

 

ファンになりたての頃は、初々しく『のんちゃん』って呼んでたかなぁ。

その後は『小瀧くん』友達に説明するのに、のんちゃんって言っても通じないし伝わらないし心が折れて、苗字で呼ぶことに。まだまだJrの頃だったから、ジャニオタに説明するのにも結構苦戦してました。(笑)

『小瀧くん』時代は結構長かったかなぁ。しばらくこの呼び方で安定してた気がする。

そして、この後『くん』が無くなって『小瀧』呼びになります。いちばん謎な時期。いちばん失礼な時期。(笑)

たぶんだけど、Instagramで仲良くさせてもらってた大好きなオタクのお姉ちゃん(重岡担)が自担のことを苗字呼び捨てしてたのにつられたのかなぁ。とっても仲良くさせてもらってた(と勝手に思っている)ので多分移った!!んだと思う!!!

でもそこから、なんかの雑誌で『名前で呼ばれたい、小瀧って俺んちの家族みんな小瀧やし』(ニュアンス)的な事言ってたから、やっぱり失礼だよなぁとおもって、現在の『望くん』呼びになりました。

 

そしてね、なんでこんな内容がすっからかんのブログを書いたかってね、今でもなんて呼べばいいのかぶっちゃけ分からないから!!!

非オタクの友人からは『彼氏でもないのにそんな呼び方するの』って言われ、でもオタクの友人は『〇〇くん』って呼ぶ人がほとんど。

濵・神・重ちゃんは、あだ名があるから別だけど。

なかには崇裕くん、智洋くん、大毅くんって呼ぶ方もいらっしゃるとは思いますが。

割とオープンなオタクだから、非オタクの友人にもジャニーズWESTの話をベラベラと喋ってしまうんですが、やっぱり『望くん』っていう前には1回考えちゃうんです。知り合いでもないのにねって。(笑)

彼らはラジオ等で、ファンから名前で呼んでもらっても構わないって言ってくれてるけど、未だに迷う時もあります。

きっとこれからも迷うんだろうなぁ。

 

『のんくん』とか『のん』って呼びたかった時期もあるし、あんまりそういう呼び方してる人いないから勝手に特別感を感じて呼びたくなるけど、その世界にはまだ踏み出せず。多分一生踏み込まない気もするけど。

やっぱり、『望くん』ってよばせてもらうのが、1番程よい感じ???

 

アイドル相手は色々難しいです🤧🤧🤧

 

伸びしろを感じた。

 

 

多くの劇場がプリンシパルを上映終了しはじめてしまって、寂しさを感じながら過ごしています。こんにちは。

 

きっとほとんどの方が見に行かれたと思うので、内容に触れながら感想を綴りたいと思います。

 

 

 

だいぶ贔屓目もあるかとは思いますが、とても素敵な映画でした😌🌸

王道ストーリーではありながらも、友達、進路、恋愛と身近に感じる悩みだったり葛藤だったり、リアルな世界でも経験するようなことが描かれていて観ていてとても共感できたし、自然と涙が溢れる場面もありました。

そして北海道の大自然も綺麗だった〜❄

一面真っ白な中に立つ、弦くんと糸真ちゃんは本当にプリンシパルだった( ; ; )

 

いつか望くんには、恋愛ものの主演を務めてほしいと『近キョリ恋愛』をやっていた頃から思ってはいましたが、まさかこんなに早く実現するとは思ってもみなかったし、21歳で主演という重圧を背負いながらもしっかりと務めあげた望くんは本当にかっこよかったです😭😭😭

 

劇中の望くんは、本当に望くんに見えなくて、ずーっと弦くんでした。

唯一、望くんを感じられたのは、私の大好きな猫背と(笑)糸真ちゃんのカメラロールに入っていた、バーベキューの時にみんなと写真に写っていた笑顔全開な弦くん、、、あとはもう全部望くん要素がなくて『館林弦』そのものでした。

 

でもね、もうこの際だからはっきり言えば、まだまだ伸びしろはあるなって感じました。

望くんってきっとこんなもんじゃない、誰にも文句言わせないくらいの演技力があると勝手に思ってるんだ、、、

きっと、『素敵な映画だった』って今の私が言えるのは多分、望くんが大好きだから。

でも望くんの事を知らない人でも、『この映画いいな』『小瀧望って俳優としてもいけるじゃん』そう思ってもらえるような人になって欲しいなって、映画館に何度も足を運ぶたびに思いました。

 

上映期間も長くなってほしいし、上映劇場ももっともっと増えてほしい。

ドラえもんの半分くらいしか上映劇場がないって知った時はちょっと悲しくなりました。笑)

もっとたくさんの人に見てもらえる作品ができたらいいなぁ。

今回の初主演映画を通して、また次の大きいお仕事が決まればいいなぁ。

のんきなオタクだから、そんな事を考えたけど、望くんはどうかな???

少しの間は主演とか、大きな仕事の重圧から解放されてのびのびとしたいかな???

きっと遊びにも行きたいだろうし、家でゆっくりもしたいだろうけど、私は次の新しい望くんに期待をしながら毎日を過ごしてしまいます。

 

結局ほとんど内容には触れられなかったけど、ここで終わります〜(雑)

またDVDでも出たらプリンシパルについて書こうかな☺️

 

とにかく!私はプリンシパル大好きです!

こんなに1つの映画を見るために映画館に通ったことは無かったし、とっても楽しい1ヶ月間を過ごすことが出来たのはプリンシパルのおかげ!!!

ありがとう、プリンシパル

ありがとう、弦くん!

ありがとう、望くん!♡

 

 

f:id:Run_0730:20180408232827j:image

 

 

 

 

望くんが主役な世界。

 

 

 

2018年3月3日。雛祭り。

街は春を迎えようとピンクに染まり、天気も良く、ポカポカと暖かい日に自担が初主演を務めた映画が公開されました。

 

残念ながら舞台挨拶は全滅してしまったので、生中継付きの回を見に行きました。

見る前まではお友達と『生中継見るなんて、負け組感すごいよね』なんて愚痴をこぼしていました。

 

でも、生中継で彼は『見てる〜?』ってカメラの向こう側まで気にかけてくれて。

さっきまで『負け組』とか思ってたのがバカバカしくなりました。

そうだ、小瀧望くんてあったかい人じゃんって、さっきまでの自分を叱りたくなりました。

 

私は欲深い人間だから、1度『会いに行く』という事が出来てしまったから、舞台挨拶を見に行けた人に対して嫉妬の気持ちしかなかった。

でもよく考えたら、最初はテレビの画面で見れただけで満足したじゃん。

雑誌にちょっとでも載ったら満足したじゃん。

映画のスクリーンに大好きな人が、

しかも主演として映るんだよ?

十分じゃない?それだけでもう幸せじゃん?満足じゃん?そう自分に言い聞かせたら残りの生中継は楽しく見れました。

 

だって望くんが舞台の真ん中に立ててるから。

黒島結菜ちゃん、高杉真宙くん、川栄李奈ちゃん。

同世代の演技のお仕事を頑張ってる人達の真ん中に望くんが立ててるって凄いなぁって素直に思って感動しました。

 

やっぱり彼はいつでもキラキラしてて眩しいくらいで。

痩せたなぁって心配になりながらも、かっこいいなぁって気持ちの矛盾があって。色んな気持ちで胸がいっぱいだったけど、なんとか初日迎えてきました。

 

たくさんの人に観てもらえますように😌💓

 

f:id:Run_0730:20180317101937j:image

 

乗り越しラブストーリー。

 

 

これだけは、どうしても書きたかった!

ユニット曲について!!!

 

きっと、多くの人が書いてるだろうな、、、とは思いつつも私も書きたくなってしまって(笑)

よろしければお付き合い下さい☺️✌️

 

 

第1弾は

乗り越しラブストーリー🚃

 

作詞:重岡大毅

これだけでもう全身の力が抜けそうでした。

重岡くんの紡ぎ出す言葉は、いつも前向きで、独特で、重岡くんならではって感じでとっても大好きなんです、私。

だから、重岡くんにはとっても期待してました。どんな曲になるのか、ワクワクドキドキしてました。

そして、ラジオで流れた時。

その時は涙こそ流れなかったものの、感動しました。

 重岡くんの曲だ〜( ; ; )って思いました。

 

ガタンゴトン揺れる僕らは

出会い別れまた恋をして

ドンと構えた僕の切符

乗越ラブストーリー

『ガタンゴトン』っていう単語から始まる曲ってなに!?

重岡くんのワードセンスってすごくない!?

 

そして、1番の歌詞は元カノが〜っていうありきたりなことしか感じられないので省きます(雑)

 

誕生日にくれた流行りのキャップ

実はサイズきつい

『私も一緒に使いたくて』

ってエヘへちゃうで

じつは、この曲で一番好きなのがここです。

きっと過去を振り返ってるんだろうな〜って思うんですけど、まずこの彼女可愛い。(そこかよ)

『エヘへ』とか擬声語って言うんですかね?そこの所私も理解が微妙な所なんですけど、『エヘへ』に置き換えられる言葉ってたくさんあると思うんですよ。

例えば『おどける』とか『いたずらっぽく笑う』とか。

でもそこを『エヘへ』って言葉で表現したことで、聴く側はよりその場面が想像しやすくなった気がするんです。

ふんわりとしたワードに見せかけて、グッとその状況が分かりやすく想像しやすくなってる。重岡くんてすごいなぁ。

そして、ここのパートを歌う重岡くんの声もとっても暖かくて、、、。

ライブで見た時も、大事そうに柔らかな表情で歌ってたんです。

『あぁ、その子の事大好きだったんだろうなぁ』って勝手に思ってしまうくらい。

重岡くんならではの空気感が出てました( ; ; )

 

怒らせたくてパシャリ寝顔

『もうやめて〜』って僕見つけてギュッ

アダムとイヴも2度見しとったやろ

ドア開くまだ降りないで

ここのパートも重岡くんのワードセンスが大爆発してる、、、

初めて聞いた時は、『僕見つけてギュッ』の部分がイマイチ何て言っているのか分からなかったんですけど、歌詞を読んで『ギュッ!?』ってなりました。

彼女の寝顔の写真を見せて、『やめて〜消してよ〜』ってなって、彼女が届かないところまでスマホを上げて、頑張って取ろうとしても取れなくてそのままバランス崩して『ギュッ』みたいな!?(妄想がすごい)

アダムとイヴ〜の下りは、私が読んだ別の方のブログに書かれていたことに納得したので、ここでは触れないでおきます。

乗越ラブストーリーについて書かれてる方たくさんいらっしゃるので、素敵な解釈をされてる方のを読んで納得してみてください¨̮

 

僕を待つ 君がもしいたら どんなに笑えるだろう

本当は知ってたサヨナラだって

君の切符幸せそう

僕が降りる駅見えてきたよ

 最初の1行のところで、彼女と分かれたことを後悔してるのかな、、、って思いました。

でも、幸せそうな彼女を見て、彼女には新しい相手が出来たんだと感じて。

もう元には戻れないことを悟ったのかな?

この恋は終わりにしようって

決めたのかな( ; ; )

 

揺れる心 行け涙 僕の愛してる

彼女を偶然見てしまった、この電車の中で『声をかけようか』とか『彼女には新しい人がいる』って感じたり、昔を振り返ったり、、、短時間の間に心が揺れ動いたってことかなと。

" 行け涙 "って所が、難しいなぁと思って。

幸せそうな彼女を見たから吹っ切ろうとしたのかなと思ったんですけど、その後に『愛してる』って言ってるからまだ好きなのか、、、っていう無限ループなんですけど、最終的には

僕が泣いた分、君は幸せになれよ

って彼女に向けてのエールかなって解釈しました。

 

 こう受け取ったのには、少し理由があります。

サビだけ飛ばしてるじゃん?って思った方いるかな、、、?

 最初から振り返ると

ドンと構えた僕の切符  

 

 ポケットつまづいた僕の切符

 

 ポケットでぽけーっと僕の切符

 

ドンと構えた僕の切符

って変わっていってるんです。

彼女が電車に乗ってくる前までは、きっとこの時の恋心はまだ忘れてて、ドンと構えてるんです。

でも、キレイになった彼女を見て、動揺しているというか当時の恋心を思い出したんですかね、"ポケットつまづいた"=ちょっと気持ちが揺れてるのかなって。

そして、過去を思い出して、"ポケットでぽけーっと"=次に進もうと思ってたけど彼女ともう1度やり直したいと考えてるのかなって思います。

そして、最後に

"ドンと構えた僕の切符"に戻ります。

きっと幸せそうな彼女を見て、諦めがついたのかな?きっと色んな事を思い出したり、声をかけようと思ってもかけられない感じからすると、男性の方は未練があったのかなって感じてました。

でも彼女を幸せにしてくれる、自分以外の男性が現れたんだろうと察して、自分は身を引こうと決意したのが表れてる部分かなって思ったので、そこから繋げて、

揺れる心 行け涙 僕の愛してる

の解釈に至りました。

 

はぁ長かった!(笑)

自担が歌ってるわけでもないのに、この歌本当に好きで毎朝聴いてるんです。

結構思い入れのある曲だったので、ババーっと文字に起こしてしまいました。

完全なる自己満だけど、

とっても楽しかったです◎

他の2組の曲も時間を見つけてやろうかな、、、?

結構書いてて楽しいぞ、、、

このシリーズ、、、

最近思うこと。

 

 

人それぞれで価値観は違うからこうあるべきというファンの形は違うのかもしれないけど、私の考えをちょーっとだけ書かせてください。

最近色々溜まってた(笑)

 

まず、積むってなんだ???

まぁ、【譲り】のチケットが色んなところに出回ってしまっている以上、買ってしまう人はいるんだろうけど、私にはどうしても積む心理が分からないんです。

もちろん大好きな彼らに会いたい気持ちは痛いくらい分かります。

チケット規約なんて読んでる人いないだろうけど、転売はダメだってことくらい分かってるよね?

外れたら落ち込むだけ落ち込んで、『次こそは当てよう!!!』って潔く諦めましょうよって。

あとは友人から『チケット余ってるんだけど一緒に行かない?』って言ってもらえないか待つのみじゃない?(笑)

 

 

そして、それ以上にこんな事するなんてどういう心理してんだろって思ったのが、盗撮と盗聴です。

これは本当に分かんない、コンサートってその場その場を精一杯楽しむもんじゃないの?

あの時の何言ってたっけ?とか

今回のMC面白かったからもう1回聞きたいなぁ、

今日は○○の曲でアレンジしてたなぁとか思い出したいことはたくさんあるし、日が経つにつれてどんどん薄れていく記憶に『もう嫌だ〜😫』と思ったことは多々あります。脳みそに録画機能でも付いてたらいいのにって毎回思います(笑)

でも彼らは、その場を精一杯楽しませにきてくれてる。

だから、記録が残ろうが残らなかろうが、その場が、彼らと会えてるその時間さえ楽しむことが出来ればいいんじゃないかって思うんですよね。

ゆくゆくは、映像化されるだろうしね。

それに今はSNSがあるんだから、みんなレポ流してくれてるし、自分の記憶がない部分は他のファンの方に頼りながら記憶を繋いでいくっていう作業も私は結構好きです。

 

 

そして、今回のツアーの神戸。

その場にいなかったので、誰が悪いとかは分からないけど、警察まで出動して、ニュースにまで流れてしまった、、、。

正直悲しいし、悔しくてたまらないです。

だって、ジャニーズWESTのファンは良い人達ばっかりだから。

こんな事でジャニーズWESTのファンは良くないとか思われたくない。

悪いイメージって一度付いてしまったらなかなか払拭できないものだから、もうこんな事が起きて欲しくないなって思います。

 

 なんて偉そうにつらつらと書いてしまったけど、私は彼らに迷惑をかけたくない、その一心で。

ファンのせいで彼らの活躍の場が狭くなってしまうって事だけは本当に嫌だし、ファンが起こしてしまった問題はきっと彼らが謝ることになると思うんです。

そんな姿は絶対に見たくないし、彼らにそんなことは絶対にさせたくない。

もう既にさせてしまってるのだとしたら、もう2度とそんなことさせたくない、そう思っています。

これを機に、自分の行動も振り返って見ようと思います。

 

彼らの活躍をずっと見守っていくためにも、素敵なファンがたくさんいるグループになったらいいな☺️💓