自担はいつでもプリンシパル

大好きな人を追いかける日々をフワフワと。

アイドルって儚い。

 

 

いつも通り夜更かししながら、塗ったばかりのネイルを乾かしながら、ふとTwitterを開いたら飛び込んできたニュース。

 

タッキー&翼  解散

 

え、なんで?なんで?って頭が真っ白になりました。

 

今年の舞台で、翼くんの代役を務めた照史くん。

そして、今も公演中の神ちゃん。

2人は今回の事をどう受け止めたんだろうか、、、。

きっと神ちゃんは明日も何も無かったようにイアーゴーを演じるんだろうな、、、そんな事を考え始めてしまったら案の定寝られなくなってしまったので、思ってることぶわーっとします。

 

 

今回 発表されたのは、

『解散しました』

というもうファンにはどうしようもないところまで行ってしまった事で。

SMAPの時のように、CDを買って解散反対の意志を見せることも出来ず、ただただ受け止めるしかない状況で。

ファンの方気持ちを考えると、辛くて辛くて仕方が無いだろうなって。

去年、活動休止になって、いつ活動再開されるんだろうって、翼くんが元気になってタッキーと2人でステージに戻ってくる姿はいつ見れるんだろうって、ずっとずっと楽しみに、今か今かと待っていたと思うんです。

なのに、飛び込んできたのは解散しましたってそんなの悲しすぎる寂しすぎる突然すぎる、、、。

 

もちろん、翼くんにはプレッシャーも、負担も感じることなく療養して欲しいと思います。

それには解散、事務所退所という道もあったとは思います。

でも、ファンは最後に翼くんが舞台に立つ姿も見ることなく、終わってしまうのはあまりにも寂しすぎて( ; ; )

 

そして、タッキー。

表舞台から去るという決断。

タッキーの笑顔は本当に、キラキラしていて見る度に元気を貰えてました。

アイドルってこういうことなんだなって思わせてくれた人。

そんな人がステージの上で輝く姿が見られなくなるのは本当にもったいない、、、。

でもJr.時代のことも、デビューしてからの苦労、活動休止、そして解散。

全てを知ったからこそ、経験したからこそできる、タッキーならではの新しいジャニーズができることを期待しています。

 

 

今年は本当に、当たり前のことが当たり前じゃないという事を痛感させられました。

自然災害も多く、すばるくんの脱退から、タキツバの解散、TOKIOの問題だってあった、、、

大好きな人を無条件に応援できる事の幸せさが改めて分かりました。

 

やっぱり、応援できる時に出来ることは全てやっておきたいし、見られる時にどんな瞬間でも目に焼き付けておきたい。

彼らがアイドルとして、生きてる "今" を感じたいんです。

終わりなんて絶対に来て欲しくないけど、人生何があるかなんて誰にもわからない。

いつか終わりが来てしまったとしても、絶対に後悔せず、笑顔で『ありがとう』と、『さよなら』が言えるように。

これだけ色々あると、絶対に想像したくない "終わり" については考えさせられます。

 

アイドルって意外と儚いものなんだなって思わされた、残酷だった平成最後の年。

来年はみんなみんな、幸せでいっぱいでありますように。